男と女のラブゲーム

乱交の先に見えるもの

食パン

閉めていたカーテンの隙間から差し込んできた光でぱっと目が覚める。

もう昼過ぎだろうか、寝すぎてしまったのだろうかと思いiPhoneを見るとまだ9時前。

暖かい布団から出て冷えた床の上に立つ。

寝ぼけまなこでトイレに行き自室に戻り、タバコに火をつける。

起床後のたばこが一番おいしいなと何度も思ったことをまた思いながらLARKを吸う。

 

昨日は急遽決まったTinアポだった。

地元が同じ子でAM3時からコンビニの駐車場で話すというアポだった。

もう寝る準備をしていたため、一度外したコンタクトレンズを再度装着する。

僕は視力が悪い。極端に視力が悪い。

メガネをかけると目がすごく小さくなってしまう。

もともとのスト値からマイナス2くらいになってしまうのだ。

メガネのままアポに行き「目が小さくてキモイ」という理由で即れなかったら泣くに泣けないと思いわざわざ一度外したコンタクトを手に取る。

結果、明日早いグダを崩せずにDK負けだった。

あんなわかりやすいグダも崩せないのか、と落ち込んでしまった。

一応「えっちは来週ね」という約束は取り付けた。

しかし、水野敬也先生は自身の著書でこのように言っていた。

「ディープキスまでしたら必ずその日のうちにセックスしろ。絶対にだ」と。

ディープキス心変わりの理論を水野先生は言っていた。

その教えを僕は守ることができなかった。

案の定、今その子からLINEは返ってきていない。

別に特別にかわいい子ではなかった。

どちらかといえばブスの部類だ。

だが僕はショボ腕であり、1ヶ月以上セックスをしていない。

しかも1ヶ月前に抱いたのはニューハーフだ。

それは「抱いた」と言っていいものか。

1ヶ月以上セックスしていないのになにがナンパ師だよ。

一つにセックスに対して、一人の女に対してガっついていけ。

ガンガンいこうぜ

失敗しても当たり前、成功したら男前。

明日からまた明るく声かけていこう。

 

負けたアポから自宅に戻ると5時半だった。

お腹がすいていたので食パンを食べる。

悔しかった。

どうして5時半に帰宅してトーストを食べているのか。

心なしかそのとき食べた食パンは少ししょっぱい味がした。

外が明るくなってきた7時に就寝をした。

どうせ昼過ぎまで起きれないんだろうなと思いながら。

しかし起きたのは9時だった。

なぜかぱっと目が覚めた。

起きてまた負けたアポを振り返る。

何度も考えた、あれは形式グダだったのかなということをまた考えてしまう。

堂々巡りだ。

 

これからもたくさんアポを組み、そしてたくさん負ける。

悔しい思いもたくさんする。

あと一歩のところで即を逃してしまうことも幾度となくあるだろう。

だが、腐らずに、他人と比べずに、前を向いて上を向いてやっていくしかない。

これからも何度も女の子の目を見て「抱かせて?」と打診する。

僕の欲望がある限り。

自分の欲望に正直に生きていくだけだ。

 

 

おしまい